どちらを選ぶ?『インクジェットプリント』と『レーザープリント』の違い

平素より大変お世話になっております。
営業の岡崎です。

さて、今回はお客様からご質問の多い『インクジェットプリント』と『レーザープリント』の違いをご紹介します。

『インクジェットプリント』と『レーザープリント』の違い

レーザープリンターとインクジェットプリンターの違いに関しては、印刷形式やコスト、印刷スピードなどさまざまな点で違いがあります。
違いや特徴についてご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

・インクジェットプリンター

インクジェットプリンターは、液体のインクを使って印刷するプリンターです。
家庭用として販売されている安価なプリンターのほとんどがこのインクジェットプリンターですので、なじみがある方も多いのではないでしょうか。

インクを紙に噴射して印刷する形式でレーザープリンターに比べて消費電力が少なく済み、ファーストプリント(印刷指示をかけてから最初の紙が出てくるまでの速度)が速い特徴があります。

「水に弱い」、「滲む」、「印刷スピードが遅い」などの弱点から長い間家庭用プリンターとして広く知られてきましたが、最近では性能の進化からビジネスプリンターとしても活躍しています。
繊細な表現やコントラストが得意でカラー印刷に向いています

・レーザープリンター

レーザープリンターは、トナーパウダー(樹脂の粉)を熱で溶かして紙に定着させるプリンターです。
コンビニのコピー機や多くの会社で使用されています。

滲みにくくはっきりと印刷できるため、文書や資料などの印刷に向いています。
上記の通り、トナーパウダーを熱で溶かす時間がかかる・消費電力は大きいなどのデメリットもありますが連続プリントがとても速いというメリットもあります。
大量の印刷業務におすすめです。

まとめ

機種にもよりますが多くの場合、コストを重視するならインクジェット
スピードを重視するならレーザープリンターがおすすめです。

「何を選べばいいのかわからない」
「数台ある機材を一つにまとめたい」

そんなご相談やお悩みがある方はお気軽に弊社までお問い合わせください!

最近の記事

  • 関連記事
PAGE TOP