エプソン製複合機のご紹介

今回はエプソン製の複合機(インクジェット)を紹介していきます。

1.エコタンクモデル
2.スマートチャージ

の2つに分けてご紹介します。

■エコタンクモデル

こちらは大容量のインクボトルを使用するタイプで月々のランニングコストが大幅削減できます。
エプソンのレーザープリンター、インクジェットプリンター、エコタンクモデルで比較していきます。

>レーザープリンター

・カラー 12.4円
・モノクロ 3.1円

>インクジェットプリンター

・カラー 9.4円
・モノクロ 2.9円

>エコタンクモデル

・カラー 2.2円
・モノクロ 0.9円

※価格はすべて概算です。

こちら見て頂くとわかりますが、圧倒的にランニングコストが抑えられます。
また大容量のインクボトルのため交換の手間も少なくてすみます。

1回のインク交換で印刷できる枚数は以下の通りです。(概算)
カラーインク:6000枚
ブラックインク:7500枚

■スマートチャージ

こちらは複合機を5年リースで購入する方法です。
さらに5年リースの料金に、本体代金はもちろん規定印刷枚数までの料金、保守が入っています。

>例えば「PX-M7090FX」の場合、

・機種代金
・月の基本印刷枚数 モノクロ2000枚/カラー600枚
・基本印刷枚数を超えた場合の超過従量 モノクロ1.5円/カラー5.0円
・不具合などがあったときに技術スタッフが現地で修理

が込みになって月額10000円(税別)※5年契約 となります。

月の印刷枚数が多い企業や事業主の方にはおすすめの製品となります。
FAXが必要な場合も+1000円でつけることができます。

■まとめ

今回はエプソンの複合機、エコタンクモデルとスマートチャージについてご紹介しました。
弊社OA推進センターはエプソンの販売代理店として活動しております。
ご購入後のアフターサービスを含め様々な製品、サポートを行っておりますのでお気軽にご相談ください。

最近の記事

  • 関連記事
PAGE TOP