意外と知らない!?『プリンター』、『コピー機』、『複合機』、『印刷機』の違い

平素より大変お世話になっております。
営業の岡崎です。

さて、今回からはプリンターや複合機についての情報にクローズアップしていきます。
初回の今回は「意外と知らない、『プリンター』、『コピー機』、『複合機』、『印刷機』の違い」をご紹介します。

『プリンター』、『コピー機』、『複合機』、『印刷機』の違い

どれも名称や機能が似ているので、購入する際にどれを選べばいいのか迷われる方が多いです。
違いや特徴についてご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

・プリンター

プリンターとは、プリント出力が専門の機械のことを指します。
PCやUSB等の外部機器からプリント出力するだけで、他の機能は備わっていません。
低価格でお手入れしやすく、スキャナーやFAX機能が不要な方はプリンターで十分でしょう。

・コピー機

コピー機とは、複写機能のある機械のことを指します。
複写機能が付いていればコピー機と呼べるため、次にご紹介する複合機もコピー機の仲間と言えますね。
最近では複写機能しかない機械は減ってきているので、厳密な意味でいうコピー機は少なくなってきています。

・複合機

複合機とは、複写・プリント出力・FAX送受信・スキャンなどが搭載されたコピー機のことを指します。
複数の機械を設置しなくていいので省スペースですし、一台多役ですので業務効率化を進めることができます。
現在、複合機を選ばれている会社が一番多いのではないでしょうか。

・印刷機

印刷機とは、大量で高速な印刷が必要な場合に用いられる機械のことを指します。
例えばオフセット枚葉印刷機やオフセット輪転印刷機などですね。
一般的な会社よりは新聞・雑誌などの出版社や学校などに設置されていることが多いです。

『プリンター』、『コピー機』、『複合機』、『印刷機』の違いは、それぞれの機能によるもので、
使用方法や業務内容にマッチした物を選ぶことが大切です。

「何を選べばいいのかわからない」
「数台ある機材を一つにまとめたい」

そんなご相談やお悩みがある方はお気軽に弊社までお問い合わせください!

次回は「インクジェットプリントとレーザープリントの違い」をご紹介します。

最近の記事

  • 関連記事
PAGE TOP