OAのインフラサポート

テレワーク

DX時代の中小企業の「働き方改革」をご支援します

在宅ワーク環境構築

デジタルトランスフォーメーション・Withコロナ環境の構築が求められる現在、「在宅勤務」環境の構築は急務です。 在宅勤務環境を構築するためにはアクセスビリティ・セキュリティ・仕事のみえる化・業務改革を経営者・企業担当者の皆様と一緒になって考えていく事が必要です。課題にに合わせた在宅環境の構築をご支援します。

在宅ワーク環境を整えるポイント

在宅ワーク環境を構築する際には、次のポイントを押さえて行うことが重要です。

  1. 1.安定した社内へのアクセス環境を構築できるか
    環境に合わせて通信回線の選定・手配、アクセスの方法を検討する必要があります。
  2. 2.情報漏洩を考慮したセキュリティを構築できるか
    個人情報や機密情報が在宅環境から漏洩するリスク対策を検討する必要があります。
  3. 3.業務遂行内容をみえる化できるか
    在宅勤務においては、プライベートと業務の分解や生産性についての懸念があります。 在宅勤務時の業務遂行内容をみえる化することが重要です。
  4. 4.在宅ワークに移行することによっての業務フローの見直しを行うことができるか
    これまで行ってきた業務フローと在宅での業務フローについて「できること」「できないこと」をしっかりと選定した上でシステム化することが重要です。
  5. 5.在宅ワークに対応するITツール・業務アプリケーションを選定する
    在宅時における、コミニケーションの方法・ファイルデータの共有方法など運用に合わせたITツールの選定が重要です。

まとめ

テレワークにおいて欠かせない在宅ワーク環境作りの際には、これらのポイントを押さえることが、スムーズな業務遂行と生産性向上につながります。 当社では、ニーズに合わせた在宅ワーク環境の構築のご支援を行っております。

Web会議環境構築

テレワークにおけるWeb会議と一口に言っても、小規模の社内ミーティングから全社会議、取引先とのミーティングなどさまざまな形態があります。Web会議を導入する様々のシュチュエーションに応じた環境構築をお手伝いします。

  1. 1.多様なシーンで活用できる必要がある
    在宅勤務を中心としたテレワークでは、社員同士が自宅からWeb会議を行ったり、現場にいる社員とリアルタイムの情報共有を行ったり、社外取引先とのミーティングを実施したりなど、Web会議は多様なシーンでの利用ニーズが想定されます。
    そのような多様なシーンに対応できる上に、誰もが簡単に操作し利用できるツールであることがWeb会議ツールには求められます。
  2. 2.さまざまなデバイス環境に対応する必要がある
    Web会議の利用者はさまざまなデバイス環境からアクセスすることから、環境を選ばず利用できるツールが求められます。PC、タブレット、スマートフォン、オフィスからの利用などが想定され、すべてに対応する必要があります。
  3. 3.高品質であることが必須
    重要な会議をWeb会議で実施するシーンを想定すれば、滞りなく実施でき、クリアな音質と画質、安定した通信環境で会議が行えることは必要不可欠です。
  4. 4.テレワークに適したもの
    特に新型コロナウイルスの感染拡大影響下においては、テレワークがメインとなることから、“テレワークに適したWeb会議”という視点を持って環境構築することも求められます。

テレワークのWeb会議環境を整えるポイント

テレワークにWeb会議環境を構築する際には、次のポイントを押さえて行うことが重要です。

  1. 1.多様なシーンに対応できるか
    在宅勤務、現場との情報共有、社外取引先とのミーティング、Webセミナーなど、自社に起こり得る多様なシーンを想定し、それらのシーンすべてで高品質かつスムーズにWeb会議やセミナーが実施できるかどうかは重要な選定ポイントになります。Web会議機能においては、一度に参加できる人数、資料共有の可否などもこだわるのをおすすめします。また必要に応じて、Webセミナー機能が付いているものを選ぶこともできます。
  2. 2.ユーザーを選ばないか
    Web会議に利用するツールは、ごく簡単な操作で誰もがスムーズに会議を実施できるものである必要があります。また、ユーザーごとに異なるさまざまなデバイス環境に対応可能かどうかも重要です。これにより、組織の労働生産性が左右されます。
  3. 3.他クラウドサービスをうまく取り入れることができるか
    テレワークで利用する他のクラウドサービスなどをうまく利用できるかどうかも重要な選定ポイントになります。スムーズな業務を実現し、労働生産性にも直結します。
  4. 4.ただのツール導入ではないか
    テレワークにWeb会議を導入する際には、テレワークに適した環境作りが必要になります。ただWeb会議ツールを導入するだけでなく、スムーズなテレワークを全体的に実現するための導入を考えたいものです。

まとめ

テレワークにおいて欠かせないWeb会議環境作りの際には、これらのポイントを押さえることが、生産性向上につながります。当社では、ニーズに合わせたWeb会議環境の構築のご支援を行っています。

ネットワーク構築

止まらない環境整備や通信量に耐える機器構成を提案

Wi-Fi

無線による通信で事務所内の配線が少なくなりレイアウト変更や職場内に固定席を設けない『フリーアドレス』環境を作ることが容易になります。また、来訪者や来店者にフリースポットを提供しサービス向上をおこなうことで企業価値や集客効果を見込めるなど使用されるシーンは幅広くなってきています。

拠点間ネットワーク構築

専用線(閉域網)、インターネット回線などで複数の拠点を仮想的に構築したネットワーク回線で社内リソースを対地拠点からも使用できるメリットがあります。構築に関しては、機器の機能により容易に構築できるものもありますが、第三者による傍受などセキュティーに注意が必要です。

LAN環境構築

ネットワーク通信が不安定になることは、業務効率を下げてしまうことに直結します。サーバーやネットワークカメラなど安定した通信が重要となる環境では慎重に設計する必要があります。無駄な通信を制御した環境を構築する必要があります。情報量が大きくなるほど通信機器も適切に配備する必要があります。

セキュリティー

天災や人災などのリスクに備えるIT商材

UTM

会計事務所・企業のネットワークへの脅威は、多様化・巧妙化しています。非常に早いサイクルで進化するため、対策が難しくなってきています。有効な対策は、ファイアウォールをはじめ、IPSやWebフィルタリング、メールおよびWebのアンチウィルス、アンチスパムが一体となった装置が有用です。

ネットワークカメラ

電源の供給や制御、音声などをLANケーブル1本で運用でき配線を簡素化できるため一般的なセキュリティー機材として周知されています。機器によりクラウド環境に録画データを撮り貯めるものや事務所内に設置された録画装置に外部からアクセスして確認ができたりするものもあります。

バックアップ

予期しないデータの損失は、事業継続において重要な問題です。災害によりバックアップ保存先メディアも消失してしまうリスクも考える必要があり、復旧に必要となる時間も計画が必要です。システム全体をイメージでバックアップさせることやクラウドへのバックアップを効率よく配備することが重要です。

デジタルサイネージ

商業施設などの人が集まる場所において訴求効果の高い電子看板

クラウド型デジタルサイネージ

商業施設や人通りの多い場所において広告効果の高いデジタルサイネージ。クラウド機能を活用することで高い場所に設置されたサイネージモニターなどや番組管理もインターネット環境で遠隔で管理できます。天吊り型のデジタルサイネージや屋外向けのショーウィンドウ式デジタルサイネージなどに適しています。

PAGE TOP